2011年08月28日

英語のアクセントについて

英語をしゃべる人には色々なアクセントがあります。


イギリス、オーストラリア、アメリカ、ニュージーランドなど英語圏内でもアクセントはかなり違います。


また日本人、中国人、韓国人、南米人、ヨーロピアンでもアクセントは違います。


まず理解しておくべきことは、第二言語として話す限り完璧なアクセントを得ることはほぼ不可能です。

英語が流暢な人の英語でも、ネイティブはアクセントの違いが瞬時に聞き取れます。


日本語がすごく上手でほとんど訛りもない外国人というのがたまにいますが、それは日本語が発音のみに関していえば平坦で簡単な言葉だからでしょう。

強弱や口と舌で空気の流れを作って発音する英語という言語は日本語のようにはいきません。

なので日本語や韓国語のようなモチっとした言語を話す人種には不向きな言語ではあるようです。



また教養のある英語圏の方々は、アクセントの違いも国際化による英語の一種だと受け入れていますので日本語アクセントが残っていようが別にいいんです^^


僕なりの結論はこれ。


完璧なアクセントを目指しましょう。

しかし私達がネイティブ同等のアクセントを手に入れることはできないでしょう。

練習を繰り返し、伝わる英語を話せるようになることが目標です。




今日はここまでです。

ありがとうございました。
posted by 日本人のための英語 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。