2011年08月30日

英語 母音「ア」の発音A

昨日は


æ

の音の発音について話しました。
(呼んでいない方は昨日の記事もよければ参考にしてください^^)


分かりにくいのは次の二つ。


ə


Difficult


「ア」の分類にするかどうかは置いておいて、日本人はこれを普通に「ア」と言ってしまいます。

これは発音が弱いので前後の発音に混じってしまい聞き取ることが難しい音です。



オージーの友達と散歩してるときに僕は普通に「ア」に近い音で「Difficult」と言いました。

すると友達は「え?何??」となってしまいました。

もう一度言い直すと「Ah, difficult!!」と。

オーストラリア特有なのかもしれませんが、あえてカタカナで言うと

「ディフィクルト」に近い感じになります。



そして今思うとこちらでは、この曖昧な音はアよりもオに近い感じで発音することが多い気がします。

かなり弱い「オ」です。



最後は


ɑ


Rock

この音の発音はかなり難しいです。

オの口でアと言いますが、「ア」ではありません。

「ア」だと意識してしまうと、日本人は例え口の形を変えても普通に「ア」の音が出てしまいます。

オの口で、「アとオの中間の音」を出す感じです。



発音ができるようになっても、この音の違いを聞き取るのが難しい。

覚えておくべきことは、

僕達日本人が50もの日本語を瞬時に判断できるように、英語のネイティブも母音の違いが一瞬で聞き取れます。


確認をせずに何となく「ア」というだけでは絶対に相手を困らせてしまうことになりますので、知らない単語は常に辞書で確認しましょう。


国によって微妙な違いがありますが、どこの国の発音でもいいです^^

しやすいほうで覚えてください。



明日はこれまでに学んだこの3つの「ア」のおすすめの発音練習を紹介します。



応援ありがとうございます!クリックをお願いします

人気ブログランキングへ
posted by 日本人のための英語 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

英語 母音「ア」の発音@

発音記号の大切さは以前にお伝えしました。


英語の発音の中でも難しいのは母音。



特に日本語では「ア」と1つしかない音が、

英語ではいくつもあります。



今日はこの「ア」にあたる音の話しをします。


まずは


æ



Cat

この音は分かりやすいです。

アとエの中間とか言われます。

口を大きめに開いて「ア−ーー」と言いながらゆっくりと「エ」の口にしていく中間に音です。

練習して、一発でのその中間の音が出せるようにしましょう。

アルファベットのaはこの音になることが多いですが、パターンまでは研究していません。(すいません)

単語の中間のaなどはこの音になることが多い気がします。

間違えないように辞書で確認しましょう^^



æ

の音は比較的簡単なのでぜひマスターしてください。


他のまぎらわしい「ア」の音は明日また説明します。

覚えておくべきことは、

僕達日本人が50もの日本語を瞬時に判断できるように、英語のネイティブも母音の違いが一瞬で聞き取れます。


確認をせずに何となく「ア」というだけでは絶対に相手を困らせてしまうことになりますので、知らない単語は常に辞書で確認しましょう。


国によって微妙な違いがありますが、どこの国の発音でもいいです^^

しやすいほうで覚えてください。



応援ありがとうございます!クリックをお願いします

人気ブログランキングへ

posted by 日本人のための英語 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

英語のアクセントについて

英語をしゃべる人には色々なアクセントがあります。


イギリス、オーストラリア、アメリカ、ニュージーランドなど英語圏内でもアクセントはかなり違います。


また日本人、中国人、韓国人、南米人、ヨーロピアンでもアクセントは違います。


まず理解しておくべきことは、第二言語として話す限り完璧なアクセントを得ることはほぼ不可能です。

英語が流暢な人の英語でも、ネイティブはアクセントの違いが瞬時に聞き取れます。


日本語がすごく上手でほとんど訛りもない外国人というのがたまにいますが、それは日本語が発音のみに関していえば平坦で簡単な言葉だからでしょう。

強弱や口と舌で空気の流れを作って発音する英語という言語は日本語のようにはいきません。

なので日本語や韓国語のようなモチっとした言語を話す人種には不向きな言語ではあるようです。



また教養のある英語圏の方々は、アクセントの違いも国際化による英語の一種だと受け入れていますので日本語アクセントが残っていようが別にいいんです^^


僕なりの結論はこれ。


完璧なアクセントを目指しましょう。

しかし私達がネイティブ同等のアクセントを手に入れることはできないでしょう。

練習を繰り返し、伝わる英語を話せるようになることが目標です。




今日はここまでです。

ありがとうございました。
posted by 日本人のための英語 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

英会話上達のコツ

訪問ありがとうございます。


昨日は英会話を学ぶ心構えのようなことを偉そうに語らせてもらいました手(チョキ)


そこで約束したとおり、今日は英会話上達のコツを書き出してみます。


1.モチベーション
具体的なコツではありません。
しかし、好きなことは上達が早いもので、モチベーションがないのに英語を勉強しても右から左に流れるだけで、脳に定着しません。留学のため、外国人の恋人を作るため、旅行のため・・なんでもいいのでモチベーションは常に最高の状態を保ってください。

2. 英語は投資
これもコツというより心構えの一種。
英語学習は自己投資。より高いレベルへ到達するためにも英語教材などはなるべく惜しまずに自分のために買ってください。
間違えてほしくないのは、高い教材を買う必要なんてありません!!
僕が言っているのは1000円とかそれくらいの普通の本レベルの話しです。
数万円するようなものは、よっぽどのことがない限り購入する必要なんてありません。

3. アウトプットの重要性
英語を話す環境を作ること。
話さなくても、Emailでもチャットでもいいのでアウトプットができる環境がある人は強いです。
もちろん、日本にいる限り難しいのも分かります。近いうちに手軽にアウトプット環境を作る方法も書きます。^^

4. 自分がいかに英語音痴かを知る
たまにアメリカ英語を真似して、舌を巻いてRを言う日本人に合います。
発音の仕方はそれでいいのだと思いますが、とても聞けたものではありません。(No offence^^)
パソコンにはデフォルトで外部マイクの録音ができる機能が付いています。
それを利用して、音読した英語を録音して聞いてみましょう。
ネイティブと比べてどこが違うのかじっくり聞き比べると効果的。

5. 発音記号をマスターする
最初に書くべきでした。これが初心者の段階では1番重要かもしれませんね。
中学で習った人もいると思います、発音記号。
読み方は簡単なのでマスターしましょう。これで知らない単語も完璧に発音できるようになります。

6. A,B,C・・発音を練習する
5の発音記号をマスターしたら、次は各アルファベットの発音を練習しましょう。
その後は単語単位、センテンス単位で練習です。

7. 文法
発音がきれいになったら、文法のおさらい。
発音ができてもWe wasとか言ってたらおかしいですよね?
くだけた場では文法はあまり問われませんが、相手は気をつかって指摘しないだけで、「おかしいな」って思ってます。



コツといっても、挙げてみると地味なことばかりです。

英会話上達に近道はない


結局、心構えや地味な練習の繰り返ししかありません^^


長くなってしまいましたが、読んでくれてありがとうございます。



posted by 日本人のための英語 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

外国人の友達を作らないと英語はペラペラにならないって本当?

このブログを通して一貫して言い続けようと思っている事があります。

それは、


「英会話上達に近道などない」

ということです。


母国語以外の言葉がすぐに話せるようになる方法なんてこの世に存在しません!


効率の良い方法は必ずあります。


ですが「話せるようになる」ということではありません。


いきなり厳しいことを言って、「え?じゃあどうすればいいのよ!!」と感じさせてしまったらごめんなさい。


でも安心してください。必ずしゃべれるようになります。


1人1人指導することはできないし、上手く言葉で表現ができるかもまだ分かりませんが、

今の自分の状態になるまでどういうことをしてきたのかなど、ヒントになりそうなことをこれから書いていくつもりです。


ちなみに今の僕の英語のスピーキングは昔受けたIELTSのテストで6.5、今は7を越えて8.0を目指しています。

まだまだだなって思うことも本当にしょっちゅうです。

でも唯一自信が持てることでもあるので、みんなのヒントや参考程度になればいいなって思います。


次の記事で英会話が上達する方法をいくつか紹介します^^


ここまで読んでくれてありがとうございます。
posted by 日本人のための英語 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

英語が話せるようになりたい皆様へ

はじめまして。

オーストラリアの大学で留学生が少ないというレアな会計学部で勉強をしています。

このブログを始めた主な理由は自分の日々の生活の中で学んだ事のアウトプットと記録ですが、

それを通して日本で英語を勉強している方の参考になるのではと思ってブログという形になりました。


英語というと文法からリスニング、会話など幅が広くて全て書くとごちゃごちゃのサイトになってしまうのではないかという気がします。

そのため焦点を英会話に絞っていこうと思います。


文法とかそういう細かい部分は一手間かかりますが別のブログで統一をしようかなと思ってます。

(興味ある人も少ないだろうし)


はじめなのでちょっと堅くなってしまってますが、

じょじょにゆるくしながら書いていこうと思っているので応援宜しくお願いします。^^

posted by 日本人のための英語 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。