2011年08月30日

英語 母音「ア」の発音A

昨日は


æ

の音の発音について話しました。
(呼んでいない方は昨日の記事もよければ参考にしてください^^)


分かりにくいのは次の二つ。


ə


Difficult


「ア」の分類にするかどうかは置いておいて、日本人はこれを普通に「ア」と言ってしまいます。

これは発音が弱いので前後の発音に混じってしまい聞き取ることが難しい音です。



オージーの友達と散歩してるときに僕は普通に「ア」に近い音で「Difficult」と言いました。

すると友達は「え?何??」となってしまいました。

もう一度言い直すと「Ah, difficult!!」と。

オーストラリア特有なのかもしれませんが、あえてカタカナで言うと

「ディフィクルト」に近い感じになります。



そして今思うとこちらでは、この曖昧な音はアよりもオに近い感じで発音することが多い気がします。

かなり弱い「オ」です。



最後は


ɑ


Rock

この音の発音はかなり難しいです。

オの口でアと言いますが、「ア」ではありません。

「ア」だと意識してしまうと、日本人は例え口の形を変えても普通に「ア」の音が出てしまいます。

オの口で、「アとオの中間の音」を出す感じです。



発音ができるようになっても、この音の違いを聞き取るのが難しい。

覚えておくべきことは、

僕達日本人が50もの日本語を瞬時に判断できるように、英語のネイティブも母音の違いが一瞬で聞き取れます。


確認をせずに何となく「ア」というだけでは絶対に相手を困らせてしまうことになりますので、知らない単語は常に辞書で確認しましょう。


国によって微妙な違いがありますが、どこの国の発音でもいいです^^

しやすいほうで覚えてください。



明日はこれまでに学んだこの3つの「ア」のおすすめの発音練習を紹介します。



応援ありがとうございます!クリックをお願いします

人気ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by 日本人のための英語 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

英語 母音「ア」の発音@

発音記号の大切さは以前にお伝えしました。


英語の発音の中でも難しいのは母音。



特に日本語では「ア」と1つしかない音が、

英語ではいくつもあります。



今日はこの「ア」にあたる音の話しをします。


まずは


æ



Cat

この音は分かりやすいです。

アとエの中間とか言われます。

口を大きめに開いて「ア−ーー」と言いながらゆっくりと「エ」の口にしていく中間に音です。

練習して、一発でのその中間の音が出せるようにしましょう。

アルファベットのaはこの音になることが多いですが、パターンまでは研究していません。(すいません)

単語の中間のaなどはこの音になることが多い気がします。

間違えないように辞書で確認しましょう^^



æ

の音は比較的簡単なのでぜひマスターしてください。


他のまぎらわしい「ア」の音は明日また説明します。

覚えておくべきことは、

僕達日本人が50もの日本語を瞬時に判断できるように、英語のネイティブも母音の違いが一瞬で聞き取れます。


確認をせずに何となく「ア」というだけでは絶対に相手を困らせてしまうことになりますので、知らない単語は常に辞書で確認しましょう。


国によって微妙な違いがありますが、どこの国の発音でもいいです^^

しやすいほうで覚えてください。



応援ありがとうございます!クリックをお願いします

人気ブログランキングへ

posted by 日本人のための英語 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

英語のアクセントについて

英語をしゃべる人には色々なアクセントがあります。


イギリス、オーストラリア、アメリカ、ニュージーランドなど英語圏内でもアクセントはかなり違います。


また日本人、中国人、韓国人、南米人、ヨーロピアンでもアクセントは違います。


まず理解しておくべきことは、第二言語として話す限り完璧なアクセントを得ることはほぼ不可能です。

英語が流暢な人の英語でも、ネイティブはアクセントの違いが瞬時に聞き取れます。


日本語がすごく上手でほとんど訛りもない外国人というのがたまにいますが、それは日本語が発音のみに関していえば平坦で簡単な言葉だからでしょう。

強弱や口と舌で空気の流れを作って発音する英語という言語は日本語のようにはいきません。

なので日本語や韓国語のようなモチっとした言語を話す人種には不向きな言語ではあるようです。



また教養のある英語圏の方々は、アクセントの違いも国際化による英語の一種だと受け入れていますので日本語アクセントが残っていようが別にいいんです^^


僕なりの結論はこれ。


完璧なアクセントを目指しましょう。

しかし私達がネイティブ同等のアクセントを手に入れることはできないでしょう。

練習を繰り返し、伝わる英語を話せるようになることが目標です。




今日はここまでです。

ありがとうございました。
posted by 日本人のための英語 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。